スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

被曝したらどうなるの?

被曝すると健康にはどんな影響が… 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 福島第一原発1号機からの放射性物質の放出に伴って広がる住民の被曝(ひばく)。

 具体的に、健康にはどんな影響が出るのだろうか。

 福島第一原子力発電所の正門付近で13日午前8時20分ごろに記録した毎時882マイクロ・シーベルトは、短時間の被曝であれば、健康に影響が出るレベルではない。

 仮に正門付近にいて、1時間放射線を浴びたとしても、東京―ニューヨーク間を航空機で4往復した際の放射線量と同じ。一般の人が日常生活で1年間に浴びる2400マイクロ・シーベルトは、正門で3時間ほど放射線を浴びる量に相当する。

 放射線による健康影響が生じるのは、放射線が遺伝子などを傷つけてしまうためだ。被曝後、数週間以内に出る急性の症状と、数か月から数年以上たってから出る症状がある。

 2~3週間以内に出る症状は免疫力の低下や貧血、出血など。骨にある骨髄が被曝でダメージを受け、白血球や赤血球などを作る機能が損なわれるため、こうした症状が出る。免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなる。腸管や脳が障害を受けることもある。

 被曝後すぐに症状が出なくても、数か月から数年以上たってから、白血病や甲状腺がんなどを発症することもある。

 妊娠から間もない妊婦が放射線を多く浴びると、胎児に奇形などが生じる危険性もある。

 被曝には、体の外から被曝する「外部被曝」と、放射性物質を吸い込み、体の内側から被曝する「内部被曝」がある。内部被曝の場合、放射性物質の排出を促す薬を服用するなどの対策が必要になる。

 原発事故に備え、事前にヨウ素を服用すると、内部被曝を抑える効果が期待できる。事前に放射性のないヨウ素を取り込むと、事故で空気中に放出される放射性ヨウ素が、排尿によって体外に放出されやすくなる。

 放射線には、中性子2個と陽子2個からなる「アルファ線」、高速の電子が「ベータ線」、エネルギーが高い電磁波である「ガンマ線」など様々な種類があり、それぞれに健康影響には違いがある。


0.05mSv =原子力発電所の事業所境界での一年間の線量。
0.1~0.3mSv =胸部X線撮影。
1mSv =一般公衆が一年間にさらされてよい放射線の限度。
2.4mSv =一年間に自然環境から人が受ける放射線の世界平均。
4mSv =胃のX線撮影。
7~20mSv =X線CTによる撮像。
250mSv =白血球の減少。(一度にまとめて受けた場合、以下同じ)
500mSv =リンパ球の減少。
1,000mSv =急性放射線障害。悪心(吐き気)、嘔吐など。水晶体混濁。
2,000mSv =出血、脱毛など。5%の人が死亡する。
3,000~5,000mSv =50%の人が死亡する。(人体局所の被曝については3,000:脱毛 4,000:永久不妊 5,000:白内障、皮膚の紅斑)
7,000以上mSv =99%の人が死亡する。

赤ちゃんや、子供など、細胞が速いスピードで成長していると、体の害も広がりやすく、大人、お年寄りなどは、細胞の成長はゆっくりなので、害が広がるのが遅い。
だから、妊婦さんや、赤ちゃん、子供などがいる人は、避難した方がいいよ。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはv-22

お久しぶりです^^

今、日本は大変な事に
なってます・・・。

毎日、死者の数が増えて
地震と津波の恐ろしさが
連日、連夜、報道されてます。

自分に何ができるのか
考えさせられたり
自分の力の無さに
歯がゆくなります・・・。

No title

琉球さん、その気持ちよく分かります。
きっと、同じ気持ちでいる方がたくさんいると思います。
早く落ち着きますように。
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 420

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2カウンター
スポンサードリンク
広告
リンク
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
691位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
625位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。